フィードフォワードで実現できること

  • 未来に目を向けるプロセスで自然と自分の課題を発見し、改善していくことができるため自主的・自発的な成長を引き起こすことができます。
  • 「フォワーダー」は「レシーバー」の成功に対して、純粋な関心と支援する姿勢を持ち、「レシーバー」が未来に目を向けるのをサポートします。そのため、「レシーバー」は安心して自分が実現したいことを追いかけることができます。
  • 未来について考え、語る、というシンプルな技術であるため、誰でもすぐに活用することができます。簡単であるにも関わらず効果は絶大であるため、極めて速いスピードで自分と周囲にプラスの影響を伝染させることができます。
  •   フィードフォワードのやり方

  • フィードフォワードを行う人を「フォワーダー」、フィードフォワードを受ける人を「レシーバー」と呼んでいます。その役割は固定的ではなく、誰でも状況に応じてどちらの役割でも果たすことができます。
  • 「フォワーダー」は「レシーバー」の成功に対して、純粋な関心と支援する姿勢を持ち、「レシーバー」が未来に目を向けるのをサポートします。
  • 自分で自分自身にフィードフォワードを行うことも可能です。これはとても重要なことで、その場合には一人で「フォワーダー」と「レシーバー」の両者の役目を担うことになります。
  • お問い合わせはこちら

    PAGE TOP