一般社団法人フィードフォワード協会
代表 久野和禎(ひさのかずよし)

  代表挨拶

初めまして、一般社団法人フィードフォワード協会の代表の久野和禎(ひさのかずよし)と申します。
フィードフォワード協会のウェブサイトに訪問いただきましてありがとうございます。

私がフィードフォワードというコンセプトを思いついたのは、数年前にある方に「久野さんと一緒に時間を過ごすととても楽しいし前向きな気持ちになるんですが、普段どんなことを考えて人と接していらっしゃるんですか?」と質問いただいた時です。
「そうですね、僕は目の前にいる方の未来がどんな風になるのかな?どうしたらそれは実現できるのかな?ということにとても興味があるんです。」と答えたのを記憶しています。
これがフィードフォワードが生まれた瞬間です。

私は、子供の頃から周囲の人の未来がどうなるかについてとても興味があって、しかもなぜかその未来の実現を応援することにやりがいを感じる質でした。
自分自身は過去の出来事をほとんど忘れてしまうという副作用はあるものの、この未来思考は概ね私が前に進んでいくための原動力となってきました。

しかし、大人になってみると、みんながみんな未来に目を向けているわけではないことに気がつきました。
過去や現在に縛られて、前を向けない人が大勢いることを知り、そんな人たちのために何かできないかと考え、私にとっては、たまたま当たり前だった生き方を「フィードフォワード」というシンプルな言葉に詰め込んで世の中に送り出そうと決意しました。

そして、実際にフィードフォワードを推進していく団体として一般社団法人フィードフォワード協会を設立したのです。

今後の展開としては、フィードフォワードを広めていただける「フィードフォワードアンバサダー」、及び、フィードフォワードの講座を開講いただける「フィードフォワードインストラクター」の募集、育成も行っていきます。

また、組織で広く行われている「反省会」などの会議の名称も「フィードフォワードミーティング」などと呼び替えて、誰もが未来に目を向けられるような社会を作っていくきっかけになれば、と考えております。

これから、一般社団法人フィードフォワード協会をどうぞよろしくお願いいたします。

2018年4月吉日

お問い合わせはこちら

PAGE TOP